12/10[日]   19:00
11[月]   19:00
12[火] 14:00  
13[水] 14:00 19:00
14[木] 休演日
15[金] 14:00  
16[土] 14:00 19:00
17[日] 14:00  
18[月] 14:00  
19[火] 14:00 19:00
20[水]   19:00
21[木] 14:00 19:00
22[金]   19:00
23[土] 14:00 19:00
24[日] 14:00  

前売チケット料金(全席指定、税込)

序:5,100円 
破:5,300円 
急:5,500

割引(枚数制限あり、要証明書、要予約(シアター風姿花伝でのみ取扱))

シニア(65歳以上):4,900
学生:2,000
高校生以下:1,000

  • 公演日によって料金が異なりますので、早めのご来場がお得となっております。
  • 当日料金は各500円UP
  • 当日券販売・受付開始は開演の45分前。開場は30分前。
  • 会場にて簡単なお飲物を販売しております。ご観劇のお供に是非ご利用ください。

シアター風姿花伝
HP:https://ticket.corich.jp/apply/83363/
TEL:03-3954-3355
MAIL:mail@fuusikaden.com
ローソンチケット【Lコード:32920】
TEL:0570-000-407(Lコード必要)
HP:http://l-tike.com/ (パソコン・携帯共通)
※ローソン・ミニストップ店内Loppiでも直接ご購入いただけます
イープラス
HP:http://eplus.jp/ (パソコン・携帯共通)

《電車》
JR山手線「目白駅」より 徒歩18分
西武池袋線「椎名町駅」より 徒歩8分
西武新宿線「下落合駅」より 徒歩10分
都営大江戸線「落合南長崎駅」より 徒歩12分

《バス》
目白駅前から
都営バス「練馬車庫前行」「江古田2丁目行」
西武バス「新宿駅西口行」
4つ目の停留所「目白5丁目」で下車、
進行方向へ徒歩30秒

風姿花伝プロデュースとは
演劇界で活躍する俳優・スタッフ陣の作るハイ・クオリティな芝居を、あえて小さな劇場で上演し、 観客に間近に良質の芝居を観るという、贅沢な演劇体験をしてもらおうという企画です。このプロデュース公演を継続的に上演していくことで、将来的には演劇観客層を増やしていくことに繋がると考えており、更には、この創作活動が多くの人々の心の糧となり、 日本においても、演劇が親しみやすい重要な文化となっていくことを目指しています。

一年に一本のペースでお届けしている風姿花伝プロデュースも今年で四本目。お陰様で、小さな劇場が創る公演が次第に認知していただけるようになり大変有り難く思っています。今年の風姿花伝プロデュースvol.4は、次期新国立劇場芸術監督就任予定である小川絵梨子さんを演出にお迎えしました。小川さんがその劇世界に惚れ込んでいるイギリスの作家Martin McDonagh のデビュー作にしてローレンス・オリヴィエ賞最優秀作品賞を受賞した『THE BEAUTY QUEEN OF LEENANE』を、小川さんの新たな翻訳にて立ち上げます。
既報の通り、風姿花伝プロデュースの共同プロデューサーであった中嶋しゅうさんが2017年7月6日に突然他界されました。
しゅうさんとは数年先まで企画を立てておりましたが、この『THE BEAUTY QUEEN OF LEENANE』においては、しゅうさんはプロデューサー業に徹すると宣言し、亡くなる前日まで打ち合わせのやりとりをしていました。「これは絶対面白い芝居になる」と、あちこちで話していらしたのも目にしました。
きっと誰よりも、しゅうさんご自身が一番観るのを楽しみにしていたのだと思います。
キャストもスタッフもしゅうさんのお声かけでこの上なく贅沢な布陣となりました。
しゅうさんの意志・遺志を引き継ぎ、座組一同、一丸となってお届けします。
ご来場心よりお待ちしております。

シアター風姿花伝 支配人  那須佐代子

Martin McDonagh(マーティン・マクドナー)
1970年3月26日、ロンドン生まれ。
幼い頃、休暇で過ごしたアイルランド西海岸の小さな村リーナンを舞台にした作品群(「The Beauty Queen of Leenane」「A Skull in Connemara」「The Lonesome West」この3作は“リーナン三部作”としてマクドナーの代表作とされる)で注目を集め、アイルランド系英国人を代表する劇作家の1人である。
今回上演する「The Beauty Queen of Leenane」(1996年上演)はマクドナーのデビュー作であり、英国最高峰の演劇賞であるローレンス・オリヴィエ賞最優秀作品賞にノミネートを受ける。
1998年にはニューヨーク・オフ・ブロードウェイ、ブロードウェイに進出。同年のトニー賞4部門を獲得し大ヒットする。
2005年には映画界に進出。デビュー作になった短編フィルム「シックス・シューター」で、同年のアカデミー賞短編実写映画賞を受賞。
2008年には初の長編映画「イン・ブルージュ(日本公開タイトル:ヒットマンズ・レクイエム)」の脚本・監督を担当。第81回アカデミー賞オリジナル脚本賞にノミネートされる。
2017年には『スリー・ビルボーズ・アウトサイド・エビング、ミズーリ(原題)』がヴェネチア国際映画祭にて脚本賞、トロント映画祭にて観客賞を獲得する。
劇作家としては「The Pillowman」など多くの傑作を作り続けており、近年では「Hangmen」が2016年のローレンス・オリヴィエ賞の最優秀プレイ賞を、Critics’Circle Theatre AwardsにおいてBest New Play 賞を受賞した。

シアター風姿花伝
〒161-0032 東京都新宿区中落合2-1-10
TEL:03-3954-3355(11:00〜18:00)
HP:http://www.fuusikaden.com/leenane/
MAIL:mail@fuusikaden.com

香川公演
2017年12月27日(水)~28日(木) 四国学院大学 ノトススタジオ
お問合せ
四国学院大学パフォーミング・アーツ研究所(SIPA) 
TEL:0877-62-2324
MAIL:sipa@sg-u.ac.jp
HP:http://www.notos-studio.com
〒765‐8505 香川県善通寺市文京町3丁目2番1号

美術:島次郎
照明:松本大介
音響:高橋巖
衣裳:髙木阿友子
ヘアメイク:鎌田直樹
演出助手:大澤遊
演出部 :稲葉賀恵
舞台監督:梅畑千春

フライヤーデザイン:福岡英輝
ポスターデザイン:チャーハン・ラモーン
WEB:小林タクシー
絵画提供:佐和子
上演ライセンス:シアターライツ

票券:会沢ナオト
制作助手:鴨居千奈
制作:斎藤努/水流あかね/加藤恵梨花
風姿花伝スタッフ:中山大豪
プロデューサー:中嶋しゅう/那須佐代子

助成:平成29年度芸術文化振興基金
企画・製作:シアター風姿花伝